鶴見祐輔の名言

鶴見祐輔のプロフィール

鶴見祐輔

鶴見祐輔(つるみ ゆうすけ/1885年1月3日-1973年11月1日/男性)は、民間外交に尽力したことで知られる官僚政治家著述家。生まれは群馬県。東京帝国大学法科大学(後の東京大学法学部)を卒業後、内閣拓殖局や鉄道省を経て、世界各国で遊説を行い民間外交に尽力。1928年以降、4回代議士に当選、内務政務次官、翼賛政治会および大日本政治会の顧問、太平洋協会メンバーなどを歴任した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書に『南洋遊記/大日本雄弁会講談社』『欧米名士の印象/実業之日本社』『壇上・紙上・街上の人/大日本雄弁会講談社』『現代日本論/大日本雄弁会講談社』『中道を歩む心/講談社』『英雄待望論/大日本雄弁会講談社』『日本と世界/アルス』『母/大日本雄弁会講談社』『自由人の旅日記/日本評論社』『ナポレオン/大日本雄弁会講談社』『欧米大陸遊記/大日本雄弁会講談社』『読書三昧/大日本雄弁会講談社』『新雄弁道/講談社』『新英雄待望論/太平洋出版社』『若き日のともし灯/実業之日本社』などがある。

鶴見祐輔の名言集

人間を賢くするのは
未来への期待だ。

未来の期待を
心の内に失わない人は
いつも若々しいのだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る