役所広司の名言

役所広司のプロフィール

役所広司
作品一覧

役所広司(やくしょ こうじ/1956年1月1日-)は、長崎県出身の俳優。本名は「橋本 広司(はしもと こうじ)」。日本を代表する映画俳優の一人として知られる人物であり、海外でも高い評価を獲得している。元々は千代田区役所土木工事課に勤務する公務員であったが、友人に連れられて見た仲代達矢主演の舞台公演『どん底』に感銘を受け俳優への道を志すようになり、仲代が主宰する俳優養成所「無名塾」に入塾。舞台公演等を経て、1980年にNHK連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』でテレビデビュー。1983年にNHK大河ドラマ『徳川家康』の織田信長役で注目を集め、1984年にNHK新大型時代劇『宮本武蔵』で主演に抜擢されるなど主に時代劇で高い評価を獲得。その後は数々の映画作品に出演し、『オーロラの下で』で日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を初受賞。『Shall we ダンス?』(1996年)、『失楽園』(1997年)と2年連続で大ヒット作に出演し、1996年から7年連続で日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞。映画祭では毎年その名前が挙げられる日本を代表する映画俳優の一人として知られるようになり、海外の映画にも出演し多くの賞を受賞している。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

出演作品

主な出演映画作品に「タンポポ(1985年)」「オーロラの下で(1990年)」「アナザー・ウェイ ―D機関情報―(1988年)」「極東黒社会(1993年)」「Shall we ダンス?(1996年)」「シャブ極道(1996年)」「失楽園(1997年)」「うなぎ(1997年)」「カリスマ(2000年)」「どら平太(2000年)」「EUREKA(2001年)」「回路(2001年)」「突入せよ! あさま山荘事件(2002年)」「11’09”01/セプテンバー11「日本編」(2003年)」「ドッペルゲンガー(2003年)」「笑の大学(2004年)」「ローレライ(2005年)」「SAYURI Memoirs of a Geisha(2005年)」「THE 有頂天ホテル(2006年)」「それでもボクはやってない(2007年)」「バベル Babel(2007年)」「象の背中(2007年)」「シルク Silk(2008年)」「パコと魔法の絵本(2008年)」「ガマの油(2009年)」「十三人の刺客(2010年)」「一命(2011年)」「キツツキと雨(2012年)」「わが母の記(2012年)」「終の信託(2012年)」などがある。

役所広司の名言集

自分を信じること。
それでうまくいくか、
いかないかは結果だから。

自分のやることとか、
やったことを信じてあげて。

陽気さと、いい加減さっていうのが
必要な気がします。

あんまり深刻に
ならないほうがいい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る