アンデルセンの名言

アンデルセンのプロフィール

アンデルセン

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen/1805年4月2日-1875年8月4日/男性)は、デンマークを代表する童話作家の一人、詩人。1835年に初の長編小説『即興詩人』を発表し、ヨーロッパ各国で翻訳出版されるなど高い評価を獲得。その後は亡くなるまでに数々の童話を作り上げた。アンデルセン作品は、グリム童話ように民俗説話からの影響が少なく、創作童話が多いのが特長として知られる。1956年にはアンデルセンの功績を記念して「国際アンデルセン賞」が国際児童図書評議会 (IBBY) によって創設され、同賞は「児童文学のノーベル賞」とも称されるなど高い評価を獲得している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に『人魚姫』『親指姫』『裸の王様』『絵のない絵本』『みにくいアヒルの子』『雪の女王』『赤い靴』『マッチ売りの少女』『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』『野の白鳥(白鳥の王子)』『しっかり者のスズの兵隊』『ある母親の物語』『父さんのすることはいつもよし』『火うち箱』など多数。

アンデルセンの名言集

人間というものは、
ほとんど常に
感情の色めがねを通して、
世界を見るもので

そのレンズの色しだいで、
外界は暗黒にも、
あるいは深紅色にも
見えるのです。

山から遠ざかれば、
ますますその本当の姿を
見ることができる。

友人にしても
これと同じことです。

すべての人間の一生は、
神の手によって書かれた
童話にすぎない。

自分が醜いアヒルだと
思っていたころは、

こんなたくさんの
幸せがあるなんて、
思ってもみなかった。

人はどんなに
高いところでも
登ることができる。

しかし、それには
決意と自信が
なければならない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る