堀口照幸の名言

堀口照幸のプロフィール

NO-IMAGE

堀口照幸(ほりぐち てるゆき/1948年-/男性)は、広島県広島市出身の実業家、元サッカー選手。立教大学時代に天皇杯などを経験した後、東洋工業(後のマツダ)へ入社。東洋工業サッカー部(後のサンフレッチェ広島)に所属し、攻撃的ミッドフィルダーやウイングとして活躍。現役引退後は、地元広島で牡蠣の養殖をはじめ、堀口海産を創業。海上事故により脊髄を損傷し、車いす生活を余儀なくされ、漁に出ることが出来なくなってしまうが、仲介業者を通さない”直送販売”や薬品を使わない”紫外線殺菌”など他社に先駆ける事業を展開し、広島牡蠣のトップブランドの一つと呼ばれるまでに成長させた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+致知+堀口海産公式ホームページ)

堀口照幸の名言集

自分の道は
自分の責任で
切り拓け!

(父に言われた言葉)

たとえ車いすになっても
自分がやれることに
全力を尽くせばいいんじゃ。

為せば成る
為さねば成らぬ
何事も。

この上杉鷹山の言葉を
あらためて
噛み締めています。

体に障がいを負おうと
諦めず強い意志をもって
一生懸命取り組めば、

必ず思いは、
現実となる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る