美空ひばりの名言

美空ひばりのプロフィール

美空ひばり

美空ひばり(みそら ひばり/1937年5月29日-1989年6月24日/女性)は、横浜市磯子区出身の歌手女優。本名は「加藤 和枝」(かとう かずえ)。昭和の歌謡界を代表する歌手として著名な人物であり、女性として初めて国民栄誉賞を受賞した。ひばりの歌唱力の可能性に気づいた母・喜美枝が、終戦間もない1945年に私財を投じて「青空楽団」を設立。8歳のときに初舞台を経験。1949年に日劇のレビュー『ラブ・パレード』で『セコハン娘』『東京ブギウギ』を歌い踊る少女として出演したところ注目を集め、同年3月に東横映画『のど自慢狂時代』でブギウギを歌う少女として映画初出演。同年8月に松竹『踊る竜宮城』の主題歌『河童ブギウギ』(B面)でレコードデビューを果たす(当時11歳)。12歳の時に主演を務めた松竹映画『悲しき口笛』が大ヒットとなり、担当した同主題歌も当時の最高売上記録となる45万枚を記録し国民的知名度を獲得。その後も数々のヒット曲を生み出し「歌謡界の女王」と呼ばれるようになる。52歳の若さでこの世を去る直前まで歌い続け、現在でも「永遠の歌姫」として根強い人気を誇っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に『川の流れのように(1989年)』『悲しい酒(1966年)』『柔(1964年)』『真赤な太陽(1967年)』『みだれ髪(1987年)』『リンゴ追分(1952年)』『波止場だよ、お父つぁん(1956年)』『港町十三番地(1957年)』『悲しき口笛(1949年)』『東京キッド(1950年)』などがある。

美空ひばりの名言集

私はただ、
歌が好きなだけ。

本当に人生って、
川の流れのようなものよね。

まっすぐだったり、
曲がりくねっていたり、

幅が広かったり、
狭かったり、

流れが速かったり、
遅かったり…

あせらず、おこらず、
あきらめず。

私が生きられる場は
ここなの。

なぜなら、
私はそのために
生まれて来たのだし、

そのために
生きてきたんですもの。

そしてきっと、
私の幸せも
ここにしかないのでしょう。

ひばりに引退はありません。
ずっと歌い続けて、
いつの間にかいなくなるのよ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る