中澤宗幸の名言

中澤宗幸のプロフィール

中澤宗幸

中澤 宗幸(なかざわ むねゆき/1940年10月13日-/男性)は、兵庫県出身のヴァイオリン製作者・修復家。妻はヴァイオリニスト「中澤きみ子」。幼少期より父親にヴァイオリン作りを教わり、大学中退後の1959年に訪欧し、イギリス・ロンドンで本格的に技術を学ぶ。1980年に東京で工房を開設し、楽器製作、修復、技術指導などに専心。後にイタリアにも工房を構えるようになり、世界的に活躍する音楽家やオーケストラの調整なども手掛けている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+致知)

著書

主な著書に『いのちのヴァイオリン 森からの贈り物/ポプラ社』『ストラディヴァリウスの真実と嘘/世界文化社』『魂柱の歌 あるヴァイオリンドクターの物語/文芸社』などがある。

中澤宗幸の名言集

同じ「ふるさと」を聴いても
一人ひとり受け止め方が異なり
一人ひとりの物語がある。

心に深い悲しみや
痛みを背負った方々は

涙を内側に流して
いらっしゃいます。

音楽にはその涙を
外に出させる力が あるんです。

お金は、
大事にしろ。

だけどお金によって
動く人間に
なっちゃあかんで。

(父親に言われた言葉)

とにかく一流のものに
触れなさい。

一流と二流を
見比べるのではなく

一流ばかり見続けていれば
本物が分かるようになる。

(父親の教え)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る