Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
山鹿素行の名言 | 地球の名言

山鹿素行の名言

山鹿素行のプロフィール

山鹿素行

山鹿素行(やまが そこう/1622年9月21日-1685年10月23日/男性)は、江戸時代前期に活躍した儒学者軍学者。諱は高祐(たかすけ)または義矩(よしのり)、字は子敬、通称は甚五右衛門。雅号は因山、素行。山鹿流兵法や古学派の祖として知られる人物であり、その教えは吉田松陰などに影響を与えた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に『聖教要録』『配所残筆』『中朝事実』『武教本論』『武家事紀』『武教全書』『謫居童問』『山鹿語類』などがある。

山鹿素行の名言集

世の乱れは、
言葉の乱れである。

人教えざれば
道を知らず。

道を知らざれば、
すなわち、
禽獣より害あり。

<管理人訳>

人というのは
教えなければ
(学ばなければ)

人としての道が
わからないものだ。

そのような人間は
鳥や獣よりも害がある。

常の勝敗は
現在なり。

<管理人訳>

すべての勝敗は
今、この時に
何をするかで決まる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る