マルセル・プルーストの名言

マルセル・プルーストのプロフィール

マルセル・プルースト

ヴァランタン=ルイ=ジョルジュ=ウジェーヌ=マルセル・プルースト(Valentin Louis Georges Eugene Marcel Proust/1871年7月10日-1922年11月18日/男性)は、 フランス・パリ出身の作家小説家。ベル・エポック(パリが繁栄した華やかな時代/19世紀末から第一次世界大戦勃発までの頃)をパノラマ的に描いた大作「失われた時を求めて」の著者として知られる人物。パリ大学で法律と哲学を学んだ後、社交生活に入り、いくつかの作品を経て30代から死の直前まで『失われた時を求めて』を書き続けた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に『失われた時を求めて(A la Recherche du Temps Perdu)』『ジャン・サントゥイユ(Jean Santeuil)』『サント=ブーヴに反論する(Contre Saint-Beuve)』『楽しみと日々(Les Plaisirs et les Jours)』『模作と雑録(Pastiches et Melanges)』などがある。

マルセル・プルーストの名言集

幸福というものは、
身体のためには
良いものである。

しかし、精神の力を
向上させるのは、

幸福ではなく
悲しみである。

発見の旅とは、
新しい景色を
探すことではない。

新しい目を
持つことなのだ。

英知は受け売りで
身に付くものではない。

自分自身で
発見するものなのだ。

人は苦悩すること
によってのみ、

苦悩を忘れる
ことが出来る。

私たちの知っている
偉大なものは、

すべて神経質な人が
作ったものです。

我々は過去の出来事を
実際に起きたとおりに
憶えているわけではない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る