大石邦子の名言

大石邦子のプロフィール

大石邦子
著書一覧

大石邦子(おおいし くにこ/1942年)は、福島県出身の著述家エッセイスト。1961年に会津女子高等学校(後の葵高等学校)を卒業後、出光興産会津事務所に入社。1964年に交通事故に遭い、半身不随となる。長期間の闘病・車いすの生活を余儀なくされるものの、著述家として活躍。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+致知)

著書

主な著書に『人は生きるために生まれてきたのだから』『この生命を凛と生きる』『この胸に光は消えず』『この愛なくば』『遙かなる心の旅』『私のなかの愛と死』『この窓の向こうへ』(以上の書籍は講談社出版)などがある。

大石邦子の名言集

何もかも終わり、
っていうことは、

何もかもすべてこれから
新しく始まるという
ことじゃないの。

(母に言われた言葉)

死んだほうが
楽かもしれない。

でも、生きなきゃ
ダメなんだ。

(父に言われた言葉)

命は自分のものだと
思っていました。

しかし、
愛情で繋がっている命は
一つの体のようなもの。

私が苦しいとき、
母も苦しいんだ。

父も兄弟も同じで
私が死ぬっていうことは
最悪の苦しみを
与えることになる。

自分のものだから
どうしても構わない
というものじゃなかった。

自分の心を
分かってくれる人がいると
死ねなくなるんですよ。

本当の優しさに出会うと
「生きる」ほうに
縛られていくんですよね。

人間は、
生きてみなきゃ
分からない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る