中田英寿の名言

中田英寿のプロフィール

中田英寿
書籍一覧

中田英寿(なかた ひでとし/1977年1月22日-/男性)は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手(ミッドフィルダー)。愛称は「ヒデ」。FIFAワールドカップに3大会連続(フランスW杯/日韓W杯/ドイツW杯)で出場し、日本代表の中心選手として活躍。FIFA100(FIFA100周年記念式典)で発表された「偉大なサッカー選手100人」に選出されたほか、アジア年間最優秀選手賞に2度選ばれるなど、世界的にも評価を高い評価を獲得。現役時代はベルマーレ平塚(1995-1998/日本)、ペルージャ(1998-2000/伊)、ASローマ(2000-2001/伊)、パルマ(2001-2004/伊)、フィオレンティーナ(2004-2006/伊)などでプレーし、主にイタリアのクラブの中心にキャリアを重ねた。現役引退後は、世界50カ国以上を旅し、サッカーを通じた社会貢献活動などを行う。2007年に世界で16人目となるFIFA親善大使へ就任。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

中田英寿の名言集

僕はあまり長いスパンで
計画は立てないんです。

どんな年といわれても、
年が変わったから
考えが変わるわけではないし、

考え方は積み重ねていくものだ
というのが自分の考えですから。

基本があれば、
1を100にだって
することができる。

頑張るのは当たり前で、
あえて口に出して
言うことではなく、

その上で何が出来るのかを考え、
実行するのがプロでしょう。

基本ができていなければ、
それは必ずどこかで破綻する。

どうすれば自分が
いちばん楽しいか、
いちばん気持ちいいか。

それを自分で考えて、
自分で選ぶこと。

しかもそれは、
今まではこうだったとか、

他の大勢の人から見て
こう思われるとか、

そうゆう枠すら取っ払った、
もっと自由で自然体なもの。

負けたのは、
何かが足りないということ。

ミスすることを
恐れては勝利はない。

それがどんなに
大きなミスであっても、
ミスしたことを後悔はしない。

それも自分の
実力の一部であるし、

勝つためには
避けて通れない
チャレンジだから。

物事はできるだけ
簡単にいくほうがいいけど、
難しくないと面白くない。

自分の足元を固めないで、
どうするつもり?

結果で、
自分の力を示すしかない。

年齢や経験を
問題にするなんて、
ナンセンス 。

自分が自分に
“良くやっている”って思ったら

その時にはもう
終わりが近いってことだよ。

遊びも一生懸命
やるから楽しい。

中途半端に遊んだら
つまんない。

遊びも仕事も
一生懸命やるほうがいい。

すべての出来事は、
すべてが未来への糧になる。

前に進む以外に
道ってないわけです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る