明治天皇の名言

明治天皇のプロフィール

明治天皇
書籍一覧

明治天皇(めいじてんのう/1852年11月3日-1912年7月30日/男性)は、倒幕・攘夷派の象徴や近代日本の指導者と仰がれた日本の第122代天皇。諱は睦仁(むつひと)、御称号は祐宮(さちのみや)。戦前・戦中には明治大帝、明治聖帝、睦仁大帝とも呼ばれた。幕末の動乱から明治維新、日清戦争・日露戦争期の天皇を務めた人物であり、明治新政府・近代国家日本の指導者・象徴として国民から畏敬された。また和歌を好み、9万首を超えるとされる数多くの和歌(御製)も遺している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+致知)

明治天皇の名言集

共に助け合い睦び合い
切磋琢磨して向上していく
友がいてこそ、

世に出て活躍する
力となる

<原文>

もろともに
たすけ交わして
むつびあふ

友ぞ世に立つ
力なるべき

何を行うにしても
誠(まこと)の道を
歩きなさい

<原文>

何事に
おもい入るとも

人はただ誠の道を
踏むべかりけり

人の上に立つ者は
自身の行いが正しいかを

常に自身で
問わなければならない

<原文>

世の中の
人の司となる人の

身のおこなひよ
正しからなむ

神々が収めし
わが国に生まれた男子は

常に身体を鍛え、
心を緩めてはいけない

<原文>

弓矢もて
神の治めしわが国に

うまれし男子
心ゆるぶな

器の形に従いながらも
岩をも通す
水の力に学びなさい

<原文>

器うつわには
従ひながら

いはがねも
とほすは水の
力なりけり

広き世の中で
活躍しようとする者は

細事に心を
費やしてはならない

<原文>

ひろき世に
たつべき人は

數かずならぬことに
心を砕かざらなむ

一家の大黒柱
となる者は

さして重要でない事に
心を動してはいけない

<原文>

かりそめの
事に心をうごかすな

家の柱と
立てらるる身は

どれだけ家が富み
飽くほどの
財産を築いたとしても

この世における
自身の務めを
怠ってはいけない。

<原文>

家富みて
あかぬことなき
身なりとも

人の務めに
怠るなゆめ

険しい山道の
道しるべとなる松は

位など無くとも
人々から敬われるものだ

<原文>

わけのぼる
道のしをりとなる松は

位なくても
敬はれけり

日本人としての心を
常に磨きなさい

たとえ世の中が
安泰の時代で
あろうとも

<原文>

敷島のやまと心を
みがけ人

いま世の中に
事はなくとも

空に届きそうなほどの
高い山であろうとも

登ろうとする
想いさえあれば
道は見つかるものだ

<原文>

大空にそびえて見ゆる
高嶺にも

登ればのぼ
道はありけり

遅い速いの違いは
あったとしても

誠さえあれば
辿り着ける

<原文>

とき遅き
たがひはあれど

貫かぬことなきものは
誠なりけり

たとえ他人よりも
遅れをとろうとも

正しき道を
踏み外してはならない

<原文>

ならび行く
人にはよしや
後るとも

正しき道を
ふみな違へそ

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る