山村暮鳥の名言

山村暮鳥のプロフィール

山村暮鳥
書籍一覧

山村暮鳥(やまむら ぼちょう/1884年1月10日-1924年12月8日/男性)は、明治・大正期に活躍した詩人児童文学者。本名は「土田 八九十」(つちだ はくじゅう)、旧姓は「志村」。働きながら聖マッテア教会の英語夜学校に通い、1903年に聖三一神学校に入学。在学中に詩や短歌の創作をはじめ、雑誌「白百合」に木暮流星の筆名で短歌を発表するようになる。1909年に昭和女子大学(後の日本女子高等学院)の創設者としても知られる人見東明より「山村暮鳥」(「静かな山村の夕暮れの空に飛んでいく鳥」という意味)の筆名をもらう。1913年に萩原朔太郎(詩人)や室生犀星(詩人・小説家)と「にんぎょ詩社」を設立し、翌年に機関誌「卓上噴水」を創刊。また、「新詩研究会」も結成し、機関誌「風景」を発表。同誌には萩原朔太郎や室生犀星のほか、三木露風(詩人、童謡作家)らも参加した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+致知)

作品

主な詩集に『三人の処女(1913年)』『聖三稜玻璃(1915年)』『風は草木にささやいた(1918年)』『梢の巣にて(1922年)』『雲(1925年/没後に出版)』など。主な童謡・童話に『童話集(1920年)』『鉄の靴(1922年)』『萬物の世界(1922年)』『よしきり(1925年)』など。その他の作品に『小さな穀倉より(1917年/随筆)』『十字架(1922年/小説)』など。

山村暮鳥の名言集

しつかりしろ
人間の強さにあれ
人間の強さに生きろ

くるしいか
くるしめ

それがわれわれを
立派にする

倒れる時がきたらば
ほほえんでたふれろ

一切をありのままに
じっと凝視(みつめ)て
大木のやうに倒れろ

息絶えるとも否と言え
頑固であれ
それでこそ人間だ

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る