弁理士の名言 一覧

弁理士とは?

弁理士
書籍一覧

弁理士(べんりし/独:Patentanwalt/英:patent attorney,trade mark attorney)とは、知的財産権に関する業務を行う国家資格者のこと。日本の弁理士制度は1899年に施行(特許代理業者登録規則)された弁護士につぐ歴史のある国家資格のひとつ。特許局への手続きを行うことから「特許弁理士」と呼ばれていたが、1921年の弁理士法公布時より「弁理士」という呼び名となる。また世界各国で弁理士の業務範囲は異なっており、ドイツなどは特許、商標などの専門性による区別がなく日本に近い形であるのに対し、イギリスでは特許の場合(patent attorney)と商標の場合(trade mark attorney)が明確に分けられている。アメリカの場合は弁護士資格も有する特許弁護士(特許・商標の出願代理業務+州内の法律事件を扱うこともできる/patent attorney)と特許専門の特許出願代理人(特許の出願・審判の手続代理業務/patent agent)とに分けられている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

弁理士 一覧

さ行

志賀 正武(しが まさたけ)
日本最大規模の特許事務所「志賀国際特許事務所」の創業者、弁理士

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る