橘こころ の名言

橘こころのプロフィール

橘こころ
著書一覧

橘こころ(たちばな-/1964年-/女性)は、大阪府出身のエッセイスト。ベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」のモデルとなったビリギャル「さやか」の母として知られる人物。スパルタ教育で暴力もいとわない夫、学年成績ビリで不良行為を行う姉、父親のスパルタ教育で自暴自棄になった弟、不登校の妹を家庭崩壊寸前の中で支え続け、娘二人を大学に進学させ、息子も経営者を目指すまでに立ち直らせる。不仲であった夫からはほとんど生活費をもらえない中で、働きながら子供たちを育て上げたそのストーリーは世間から大きな反響を呼んだ。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+致知)

著書

主な著書に『ダメ親と呼ばれても 学年ビリの3人の子を信じて どん底家族を再生させた母の話/KADOKAWA』などがある。

橘こころの名言集

人間の幸せの条件として
お金や美貌、学歴などは
一番には来ない。

心が育つことが大事で
心があればあとは
勝手についてくる。

親は子供たちの心を
育んであげることが一番大事。

子供の行いで
自分が非難されたくないとか、

プライドを
傷つけられたくない

とか思い始めると、
真実を見失ってしまう。

子育ては、
自分育てなんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る