ジョン・スチュアート・ミルの名言

ジョン・スチュアート・ミルのプロフィール

ジョン・スチュアート・ミル
書籍一覧

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill/1806年5月20日-1873年5月8日/男性)は、イギリス・ロンドン出身の哲学者思想家経済学者。社会民主主義・自由主義思想に大きな影響を与えた人物であり、政治哲学(自由論)、論理学(論理学体系)、経済学(経済学原理)等の学問分野での業績が特に知られている。また、初期科学哲学の重要な哲学者としても著名で、バートランド・ラッセルら後世の分析哲学にも強い影響を与えた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(邦訳題)に『論理学体系/1843年』『経済学原理/1848年』『自由論/1859年』『功利主義論/1861年』『代議制統治論/1861年』『女性の解放/1869年』『ミル自伝/1873年』などがある。

ジョン・スチュアート・ミルの名言集

幸福になる
唯一の道は、

幸福ではなく
何かそれ以外のものを

人生の目的に
選ぶことである。

「自分こそ正しい」
という考えが、

あらゆる進歩の過程で
最も頑強な障害となる。

これほどばかげていて
根拠のない考えはない。

周囲から浮き上がる
のを恐れずに、

とっぴな行動が
できる人間がいないこと。

それが今の時代の
最大の危機だ。

人間の運命の
大きな改善は、

考え方を根本的に
変えない限り、
絶対に不可能である。

慣習であるからといって、
これをなすという人は、

何らの選択をも
行わない人である。

個人の自由にも、
制限されなければ
ならない事がある。

それは、他の人に
迷惑をかけてはならない
ということだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る