大胡田誠の名言

大胡田誠のプロフィール

大胡田誠
著書一覧

大胡田誠(おおごだ まこと/1977年-/男性)は、静岡県出身の弁護士。全国で3人目となる全盲の弁護士として知られる人物であり、民事・家事・刑事事件、企業法務のほか、障がい者の人権問題についても精力的な活動を行っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+致知)

著書

主な著書に『全盲の僕が弁護士になった理由 あきらめない心の鍛え方/日経BP社』などがある。

大胡田誠の名言集

将来の可能性がなくなった
と思うのは自分の思い込み。

できないと思っている
その先に、実は無限に
可能性って広がっていて、

それに気づけるかどうかで
人生は変わる。

周囲に理解されなかったり、
差別されたりすることが
どれだけ辛いか。

そしてそういう時に
差し伸べられる手の温かさ。

誰か一人でも
味方でいてくれたら
どれほど勇気が湧いてくるか。

迷った時には
自分の心が温かいと
感じる方を選びなさい。

(母の言葉)

もうダメだと思ったときが
夢に一番近づいた時。

(父の言葉)

「だから無理」より
「じゃあどうする」
のほうが面白い。

できない理由とか
ダメな理由というのは
探せば無限に出てくる。

でも逆に、どうすれば
できるだろうと考えても
必ず方法は見つかる。

そう思えるかどうかが
人生を分けるんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る