本多信一の名言

本多信一のプロフィール

本多信一
著書一覧

本多信一(ほんだ しんいち/1941年4月17日-/男性)は、東京都出身の著述家コンサルタントカウンセラー。現代職業研究所の所長を務める人物であり、個人のための職業・人生相談を行っている。これまでに老若男女問わず1万人を超える人々の相談を行ってきたほか、執筆、コンサルティング、講演活動などでも活躍している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に『人生が変わるお金と会社にしばられない生き方/PHP研究所』『がんばらなくてもいい ほっとする老子の本/こう書房』『あなたを活かす これからの職業/毎日新聞出版』『これから伸びる職業/毎日新聞出版』『内気な自分の活かし方/ぱる出版』『人生あきらめない/広池学園出版部』『「前に踏み出す力」が身につく本/中経出版』『会社を辞めて幸せになる本/ぶんか社』『気持ちの切り替えがうまい人/成美堂出版』『気楽に生きれば、自分が活きる/ビジネス社』『内気な人の生き方にはコツがある/PHP研究所』『内向型人間だからうまくいく/PHP研究所』『話べたな人の自己表現の本/成美堂出版』『心を幸福にする簡単な50の方法/成美堂出版』『どんなときでも、なんとかなる/大和出版』などがある。

本多信一の名言集

人間それぞれ
与えられる気質は、

天与のものとして
受け入れるよりない。

これは案外、
忘れがちなこと。

他人から否定されると
「変えなくちゃ」と
大いに悩むが、

いくら悩んでもそう簡単に
天与の気質は変えられない。

人間、大して悩むことなく
スムーズに一生を過ごせたら
どんなにいいか。

しかし、そんな人は
一人もいない。

「人生は苦しみの集まるところ。
その苦しみを
自らの成長の種として
悟りへ向かおう!」

と言われたのは、
仏教の始祖のお釈迦さま。

自分らしく生きたいですか。
では好きなように生きなさい。
両者は結局は同じことだから。

道教の祖、老子という方は
「愚かな人間の作った
“道”ではなく

太陽、水をはじめとする
大自然の”道”に
従って生きたらラクになる」
と言われた。

いかなる道であれ、
一意専心で10年も全力投球すれば、
その道で何とかなる。

ある方面での職業的成功とは、
適性&かけた時間の総和であって、
才能の問題にあらず。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る