大工の名言 一覧

大工とは?

大工
書籍一覧

大工(だいく/英語:Carpentry)とは、主に木造建造物の建築や修理を行う職人の総称。奈良時代には建築技術者の職階を示す言葉としても使われており、技術や熟練度によって順に「大工・少工・長上・番上(地位:高→低)」となっていた。元々は木造建築の職人は「右官」と呼ばれていたが、江戸時代頃から一般の職人も「大工」と呼ばれるようになり、統率者の呼称は「棟梁」になっていったとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

大工 一覧

な行

西岡 常一(にしおか つねかず)
「最後の宮大工」と称された法隆寺の宮大工

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る