白居易の名言

白居易のプロフィール

白居易
書籍一覧

白居易(はく きょい/772年-846年)は、中唐期に活躍した中国の詩人。字は「楽天」、号は「酔吟先生・香山居士」。若い頃は社会や政治批判を主題とした「新楽府」(諷喩詩/風諭詩)を多く制作していたが、しだいに日常のささやかな喜びを主題とした「閑適詩」に重きを置くようになった。また非常にわかりやすい作風でも知られ、言い伝えによると詩を作るたび文字の読めない老女に読み聞かせ、理解できなかったところを簡単な表現に作り替えたとも言われている。そのようにして作られた白居易の詩は、従来の知識人たちだけでなく、一般の人々にも広く愛唱されたとのこと。中国国内のみだけでなく周辺諸国にも愛好家が多く、日本においては平安文学に多大な影響を与えた(『枕草子』や『源氏物語』などに影響が見られる)。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

白居易の名言集

能力の足りない分は、
努力で補えばよい。

<原文>
勤るを以って
拙を補う

裕福で高い身分に
憧れる必要はないし、

貧しく身分が低いことに
恥じる必要もない。

<原文>
貴と富とを慕うなかれ
賤と貧とを憂うるなかれ

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る