甘利庸子の名言

甘利庸子のプロフィール

甘利庸子
著書一覧

甘利庸子(あまり ようこ/女性)は、介護・福祉事業を手掛ける「のぞみグループ」代表。共立薬科大学(後の慶応義塾大学薬学部)を卒業後、夫の医院で薬剤師として勤務。1993年にのぞみ薬局を開業。母の認知症をきっかけに介護の必要性を感じ、ケアマネージャー資格を自身で取得。1999年に居宅介護支援事業所「シルバーケアのぞみ」を開業。その後、多くの介護事業を展開し、2006年に社会福祉法人「のぞみ福祉会」を設立。老人ホーム・ケアハウス運営のほか、エステサロン事業なども手掛けている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に『チャンスを引き寄せ、願い叶える法則/PHP研究所』『のぞみの扉 チャンスを引き寄せて思いを叶える方法/ピーエイチピー・パブリッシング』などがある。

甘利庸子の名言集

(認知症の母を
支える父を見て)

支えているのは父だけど、
母の存在そのものが
父の生き甲斐。

自分のために
頑張りきれないけど、

誰かのために 頑張り抜くことは出来る。

人間、目を閉じる時は
安らかでいないと。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る