鷲北修一郎の名言

鷲北修一郎のプロフィール

鷲北修一郎(男性)は、有限会社SUNプランニングの代表取締役を務める経営者。保険代理店業務を展開している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+B-plus+PHP THE21)

鷲北修一郎の名言集

表面的な技術論は
重要ではありません。

大切なのは根本的な原因を
自分の頭で考えること。

人から教わったことや
命令されたことは
忘れていくものです。

仕事をビジネスと
割り切ると利益が大事ですが、

「商い」と考えると
そうではなくなる。

「商い」とは
相手のことを想い、
環境を想い、
周囲のことを考える
ということです。

人間は一人ひとりが
違う存在で、
各自の幸せは
自分自身の心が決めるもの。

だから、その人の考える
幸せにつながらない
お客様のために
ならないものを売っても
意味がありません。

自分の置かれた
現状の辛さを嘆く人が多いですが

それは目標を持たずに
日々を過ごしているから
ではないでしょうか。

目標を持ち、その達成を信じて
強い心を持って前進すれば、
必ず状況は好転します。

そして、自分の心が変われば、
辛いという気持ちも
前向きなものに変わるはず。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る