ユルゲン・クロップの名言

ユルゲン・クロップのプロフィール

ユルゲン・クロップ
書籍一覧

ユルゲン・クロップ(Jurgen KLOPP/1967年6月16日-/男性)は、ドイツ・シュトゥットガルト出身のサッカー指導者、元サッカー選手。選手時代はフォワードとして活躍し、1.FSVマインツ05などに所属。2001年に現役を引退してからは指導者としての道を進み、古巣のマインツやボルシア・ドルトムントで監督として活躍。ドルトムント時代には香川真司のほか、グロスクロイツ(ドイツ代表)、ゲッツェ(ドイツ代表)、レヴァンドフスキ(ポーランド代表)らをブレイクさせ、チームをリーグ優勝にも導いた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

ユルゲン・クロップの名言集

重要なのは、
ストーリーは続いていく
ということ。

今はまだ
レースの途中なんだ。

スタート地点でもなく、
ゴール地点でもなく、
レースの真っ最中なんだ。

どんな状況でも
我々は前に
進み続けなければならない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る