井上真央の名言

井上真央のプロフィール

井上真央
作品一覧

井上真央(いのうえ まお/1987年1月9日-/女性)は、神奈川県横浜市出身の女優。4歳の時に劇団東俳に入り、5歳より子役として活躍。1999年から2003年にかけて放送された昼ドラ『キッズ・ウォー』シリーズでは、正義感溢れる少女「今井茜」を演じ高い評価を獲得。その後、学業に専念するために芸能活動を一時休止。2005年に復帰し、同年にTBS系ドラマ『花より男子』で連続ドラマ初主演を務める。2011年には連続テレビ小説『おひさま』のヒロイン役を演じたほか、同年に『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2015年には大河ドラマ『花燃ゆ』の主演に抜擢され、吉田松陰の末妹役を演じた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP・THE21)

出演作品

主な出演作品(ドラマ)に『キッズ・ウォー シリーズ』『花より男子シリーズ』『ファースト・キス』『獣医ドリトル』『連続テレビ小説・おひさま』『トッカン 特別国税徴収官』『大河ドラマ・花燃ゆ』などがある。

井上真央の名言集

松陰が密航に失敗し、
野山獄に収監されます。

そこで囚人相手に
孔子や孟子を教えるシーン。

これまで投げやりに
生きてきた囚人たちが
学ぶことで抑えていた願望が
表に出てくるのです。

希望を隠して
生きてきた人々が
学ぶことで魂が
再生されたように感じました。

身分や出自に関係なく、
普通の男の子たちが
社会や日本を変えていこうと志す。

あの若さでみんなを
奮い立たせられたのは、
すごいことだと思います。

(吉田松陰や幕末についてのコメント)

心が折れそうになったり、
疲れてくると、
周りが見えなくなりがち。

頭の中で考えていても
どうにもならないときは、
人と話すようにしています。

ちょっとした会話によって
救われることもありますから。

目の前の仕事に集中することが、
未来につながると思います。

“その歳でしかできないこと”
に邁進すること。

この教えを
私は大切にしています。

(女優の壇ふみさんの教え)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る