入澤崇の名言

入澤崇のプロフィール

入澤崇(いりさわ たかし/1955年10月5日-/男性)は、広島県因島市出身の仏教学者、龍谷大学文学部仏教学科教授、龍谷ミュージアム館長、善行寺住職。ガンダーラ仏教遺跡の調査など数々の遺跡の調査を行い、トルファンのベゼクリク石窟の壁画復元などにも従事。2011年にオープンした龍谷ミュージアムの館長を務めるほか、広島県にある善行寺の住職でもある。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著作

主な論文に『アショーカ王柱と旗柱』『具足戒を授くべからざる二十人』『蓮華蔵世界』『仏と霊』『観無量寿経の背後にあるもの』『一切衆生の利益安楽のために』『スリランカの大谷探検隊』『バーミヤーン以西で新たに見つかった仏教遺跡』『ブッダはなぜ火葬されたのか』『イランの仏教遺跡』『ムルガーブ川流域への仏教伝播』『大谷探検隊をめぐる新研究』『イラン北西部仏教遺跡に見られる中国文化』などがある。

入澤崇の名言集

心配するな、
工夫をせよ。

(高校時代に講演で聞いた言葉)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る