斉藤環の名言

斉藤環のプロフィール

斉藤環
著書一覧

斉藤環(さいとう たまき/1961年9月24日-/男性)は、岩手県北上市出身の精神科医批評家、筑波大学教授。精神病理学や病跡学を専門とする人物であり、特に思春期・青年期のひきこもりについての見解で知られる。また批評家としても活躍しており、精神分析の立場から様々なジャンルで執筆・発言を行っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に『「ひきこもり」救出マニュアルシリーズ/筑摩書房,PHP』『猫はなぜ二次元に対抗できる唯一の三次元なのか/青土社』『世界一やさしい精神科の本/河出書房新社』『ヤンキー化する日本/KADOKAWA』『承認をめぐる病/日本評論社』『子育てが終わらない/青土社』『ひきこもりのライフプラン/岩波書店』『入門 子どもの精神疾患/日本評論社』『「社会的うつ病」の治し方/新潮社』『家族の痕跡 いちばん最後に残るもの/筑摩書房』『「文学」の精神分析/河出書房新社』『思春期ポストモダン/幻冬舎』『ひきこもり文化論/紀伊国屋書店』『若者のすべて/PHP』などがある。

斉藤環の名言集

ノーストレスの環境は、
成長を妨げます。

自分に可能な範囲を見極めつつ、
積極的に適度なストレスを
引き受けていくことは、
向上に大いに貢献する。

体重を記録するだけで
ダイエットになるように、

自分自身の行動を
詳しく記録することは、

もっとも簡易に
やる気を継続する方法です。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る