露の団姫の名言

露の団姫のプロフィール

露の団姫
著書一覧

露の団姫/露の團姫(つゆの まるこ/1986年10月17日-/女性)は、愛知県出身の落語家僧侶。本名は「鳴海ハトル」(なるみ-)。夫は太神楽曲芸師「豊来家 大治朗」(ほうらいや だいじろう)。女流落語家として活躍しながらも天台宗の僧としての一面を持つ人物であり、古典落語や新作落語のほか仏教落語を持ちネタとして披露している。またTV番組などのメディアへの出演も多く、小学生の頃より劇団ひまわりに所属しテレビや舞台で俳優としても活躍した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に『露の団姫の仏教いろは寄席/佼成出版社』『法華経が好き!/春秋社』『ぽくぽくぽく・ち~ん 仏の知恵の薬箱/ぷねうま舎』『プロの尼さん 落語家・まるこの仏道修行/新潮社』などがある。

露の団姫の名言集

人生は、
心で決まる。

仕事で疲れたアナタ、
嫌なことがあったアナタ、

心の目を
しっかりと見開いて、

マイナスをどんどん
プラスに変えて
しまいましょう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る