生田悦子の名言

生田悦子のプロフィール

生田悦子
作品一覧

生田悦子(いくた えつこ/1947年4月8日-/女性)は、福岡県福岡市出身の女優タレント。1966年に松竹へ入社し、同年に映画『命果てる日まで』で女優デビュー。その後も数々の映画やドラマに出演。バラエティ番組『欽ドン! 良い子悪い子普通の子』に出演時代には、松居直美・小柳みゆきと共に「よせなべトリオ」としてヒット曲なども残した。また、編み物の講師資格も保有しており、編み物に関する著書も出版している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

出演作品

主な出演作品(映画)に『命果てる日まで』『女たちの庭』『天使の誘惑』『いい湯だな全員集合!!』『涙の流し唄 命預けます』『喜劇 男の子守唄』『ええじゃないか』『花の季節』『純ブライド』『赤んぼ少女』『破天荒力 A Miracle of Hakone』『ロボゲイシャ』などがある。

生田悦子の名言集

私、いい人になるのを
やめることにしたんです。

嫌われてもいいし、
友達が離れていってもいい。

人がなんと言おうと、
人にどう思われようと、
関係ない。

そう思えるようになったら、
気持ちがとても楽になる。

誰かの手を
借りるのも大事。

「介護うつ」
というのがあるでしょう。

これは自分だけで支えよう
と思うから起こる。

だから、十本の指全部で
支えるのではなく、

五本くらいの指で支えて、
残り五本分は、
手を借りたほうがいい。

それって恥ずかしいこと
でも何でもないでしょ。

苦しいときには
誰かを頼っていいんですよ。

考えたって
しょうがないことは、
考えない。

人にどう思われようが、
それもどうでもいい。

自分が思うように
生きればいい。

人生、なるようになるのよ。
そうケ・セラ・セラね。

そう思うと、
心はずっと軽くなって、
生きやすくなる。

(※ケ・セラ・セラ…
スペイン語で「なるようになる」)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る