ジョン・ホーガンの名言

ジョン・ホーガンのプロフィール

ジョン・ホーガン
書籍一覧

ジョン・ホーガン(John Horgan/1953年-/男性)は、『科学の終焉』の著者として知られるアメリカの科学ジャーナリスト。進化、自然選択、DNA、ビッグバン、相対論、量子論といった発見すべき偉大なテーマはもう残されていないとし、科学界でセンセーションを巻き起こした人物。また、1993年にサイエンティフィック・アメリカンにおいて掲載された記事「証明は死んだ」では、現代数学の証明の複雑さの増加によって、(数学の)古典的な証明の概念を崩壊させつつあると説き、数学界でも大きな話題となった。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(邦題)に『科学の終焉』『続・科学の終焉―未知なる心』『科学を捨て、神秘へと向かう理性』などがある。

ジョン・ホーガンの名言集

万物の奥底にあるのは、
答えではなく、
質問なのだ。

宇宙ではなく、
心こそが科学の最後の
フロンティアである。

(フロンティア…未開拓の分野)

一番ハッピーな
エンディングは、
終わりがないことだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る