流川楓の名言(スラムダンク)

流川楓のプロフィール

流川楓
作品一覧

流川楓(るかわ かえで)は、井上雄彦によるバスケットボールを題材とした漫画作品「SLAM DUNK」(スラムダンク)の登場人物の一人。湘北高等学校バスケ部でスモールフォワード(SF)を務める人物であり、中学生時代から天才プレイヤーとして注目を集め、多くの有名校から誘いを受けたものの、家から近いという理由で弱小の湘北高校へ入学。主人公の桜木花道とは幾度も衝突を繰り返すが、しだいに互いの実力を認め合っていく。バスケ以外のことにはほぼ無気力なようで、趣味は「寝ること」と公言し、その眠りを妨害されると猛烈に怒り出す。アニメ版の声優は「緑川光」(みどりかわ ひかる)が担当。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

流川楓の名言集

いい仕事したぜ。
下手なりに。

(by 流川楓)

もっと上手くなりたい。
ただそれだけす。

(by 流川楓)

1つ教えてやるぜ。
バスケットは算数じゃねぇ。

(by 流川楓)

おい…
なに縮こまってやがる。

らしくねー
んじゃねーのか。

(by 流川楓)

スラムダンクの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る