松山大耕の名言

松山大耕のプロフィール

松山大耕
書籍一覧

松山大耕(まつやま だいこう/1978年-/男性)は、京都府京都市出身の。妙心寺退蔵院の住職を務める人物。外国人向けの禅体験ツアーや英語での禅指導など日本文化の発信・交流が評価され、Visit Japan大使(政府観光庁)や京都観光おもてなし大使(京都市)も務めている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に『大事なことから忘れなさい 迷える心に効く三十の「禅の教え」/世界文化社』などがある。

松山大耕の名言集

せっかく美しいものが
目の前にあっても、

素晴らしい音楽が
流れていても、

心が曇っていたならば
それを味わうことは
できません。

短時間でも構いませんから、
一日一度は心を
空っぽにする時間を設ける。

それだけで自然に
ゆとりが生まれてきます。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る