シェイクスピアの名言

シェイクスピアのプロフィール

シェイクスピア
書籍一覧

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare/1564年4月26日※洗礼日-1616年4月23日※グレゴリオ暦5月3日/男性)は、イングランドの劇作家詩人。イギリス・ルネサンス演劇(主に宗教改革から1642年の劇場閉鎖までの演劇作品)を代表する人物として知られ、その卓越した心理描写などから「最も優れた英文学の作家」とも称される。またシェイクスピアが残した膨大な数の著作群は、初期近代英語の貴重な言語学的資料ともなっている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品(戯曲・詩)に『ロミオとジュリエット』『ハムレット』『オセロー』『リア王』『マクベス』『ジュリアス・シーザー』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『トロイラスとクレシダ』『お気に召すまま』『冬物語』『ヴェローナの二紳士』『ペリクリーズ』『テンペスト』『ウィンザーの陽気な女房たち』『二人のいとこの貴公子』『ソネット集』『ヴィーナスとアドーニス』『情熱の巡礼者』など多数。

シェイクスピアの名言集

運命は、
我々の魂をもっとも
ふさわしい場所に運ぶ。

時というものは、
人それぞれの速さで
走っているものなんだ。

死ぬほどの哀しみだって、
別の哀しみで治る。

最悪と言えるうちは、
まだ最悪ではない。

楽しんでやる苦労は、
苦痛を癒してくれる。

全世界は舞台だ。
すべての男と女は、
その役者にすぎない。

逆境は、
美しいものを
人に与えてくれる。

どん底に落ちて、
運命の女神から棄てられ、
最後の境地に辿り着くと、

そこには
恐怖なんてないんだ。
あるのは希望だけさ。

神は我々を
人間にするために、
何らかの欠点を与える。

正直であろうとするのは、
言ってみれば、
1万人にひとりの
人間になるに等しい。

慎重にゆっくりと
進めばいい。
急ぎ過ぎるとつまずく。

備えよ。
たとえ今ではなくとも、
チャンスはいつか
やって来る。

不安な心には、
茂みが熊に
見えてしまうのです。

成し遂げよう
とした志を、

ただ一回の敗北によって
捨ててはいけない。

世の中には
「幸せ」も「不幸」もない。

考え方ひとつで
どうとでもとれる。

愛は万人に
信頼は少数の人に

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る