ユト・アステカ語族のことわざ

ユト・アステカ語族とは

ユト・アステカ語族
書籍一覧

ユト・アステカ語族(ウト・アステカ語族/Uto-Aztecan)は、アメリカ・インディアン諸語(南北アメリカ大陸の先住民の言語)のひとつ。アメリカ大陸における最大かつ明確な言語集団のひとつとされ、アメリカ西部の大盆地(グレートベースン/ロッキー山脈とシエラネバダ山脈の間)地方からメキシコ西部・中部、一部の南部、中央アメリカの一部に見出すことができる。ユト・アステカ語族が言語学上の概念として確立されたのは1900年代初頭頃であり、アルフレッド・クローバーによってショーショーニー諸語との関係性が明らかにされ、エドワード・サピアによってソノラ語派とショーショーニー語派とのつながりが証明された。また、ユト・アステカ語族は語族を超えた超語族に含めるべきだと提唱する言語学者もいる。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

※このページは「ユト・アステカ語族」のことわざ 一覧ページです。

ユト・アステカ語族のことわざ集

後ろを歩くな、
私が導くとは限らない。

前を歩くな、
私が従うとは限らない。

真横に付いて、
一緒に歩こう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る