スワヒリ語のことわざ

スワヒリ語とは?

スワヒリ語
書籍一覧

スワヒリ語(Kiswahili)は、アフリカ東岸部で国を超えて広く使われている言語(ケニア、タンザニア、ウガンダでは公用語として使われている)。東アフリカ沿岸地域の多くの民族の母語となっているバントゥー諸語の一つであり、アラブ系商人とバントゥー系諸民族の交易の中で、現地のバントゥー諸語にアラビア語の影響が加わって形成されたとされる(語彙の約35%はアラビア語に由来)。また、ペルシャ語・ポルトガル語・ドイツ語・英語・インドの言語からの借用語も見られ、現在では異なる母語を持つ民族同士の共通語として使用されている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

※このページは「スワヒリ語」のことわざ 一覧ページです。

スワヒリ語のことわざ集

動物が完全に現れるのを
待ってから槍を投げると、
しっぽにしか当たらない。

ステキな瞳、
それがあなたの魅力。

あなたの笑顔は、
人々を幸せにできる。

人は、愛し合い、
与え合うべきもの。

幸せになりたければ、
まず両親を敬いなさい。

穏やかに構えていれば、
いろいろなことが
聞こえてきます。

お互いの幸福を祈りあい、
悪いことは許し合いなさい

よい言い方をすれば、
よい答えが返ってきます。

焦って行えば、
事を仕損じます。

兄弟げんかの行き着く先は、
いつも仲直りです。

いいところもあれば、
わるいところもある。
それが人間。

叶わなくたって、
望みを捨てる必要はない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る