モリエールの名言

モリエールのプロフィール

モリエール
書籍一覧

モリエール(Moliere/1622年1月15日-1673年2月17日/男性)は、17世紀に活躍したフランスの劇作家。本名は「ジャン=バティスト・ポクラン」(Jean-Baptiste Poquelin)。ピエール・コルネイユやジャン・ラシーヌとともに古典主義の三大作家の一人と称される人物。多くの喜劇作品を作りあげたほか、自身も喜劇役者として活躍した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品(詩・ソネ・戯曲等)に『飛び医者』『ル・バルブイエの嫉妬』『粗忽者:あるいはへまのしつづけ』『相容れないものたちのバレエ』『クリスチーヌ・ド・フランスに捧げる歌』『恋人の喧嘩』『才女気取り』『スガナレル:あるいは疑りぶかい亭主』『ドン・ガルシ・ド・ナヴァール:あるいは嫉妬深い王子』『亭主学校』『はた迷惑な人たち』『女房学校』『国王陛下に捧げる感謝の詩』『ヴェルサイユ即興劇』『強制結婚』『エリード姫』『タルチュフ:あるいはペテン師』『ご令息の死に際してラ・モット・ル・ヴァイエへ捧げるソネ』『ドン・ジュアン:あるいは石像の宴』『恋は医者』『人間嫌い:あるいは怒りっぽい恋人』『アンフィトリオン』『プシシェ』などがある。

モリエールの名言集

「愛されるから愛する」
というのは、
幼稚な愛である。

本当の愛というものは、
ただ愛するのみである。

愚かな人間ほど、
他人を中傷したがるものです。

生きていれば、
中傷は避けられない。
必ずされるものだ。

中傷したい人には、
好きなだけ
中傷させてあげればいい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る