西城秀樹の名言

西城秀樹のプロフィール

西城秀樹
書籍一覧

西城秀樹(さいじょう ひでき/1955年4月13日-/男性)は、広島県広島市出身の歌手俳優。本名は「木本 龍雄」(きもと たつお)。高校生時代にジャズ喫茶(バンド出演)でスカウトされ、広島から上京。1972年3月にシングル「恋する季節」で歌手デビュー。翌年にリリースした5thシングル「情熱の嵐」で初のオリコン週間チャートTop10入り。アイドル歌手として人気を博し、郷ひろみ・野口五郎とともに「新御三家」と称されるようになる。その後も多くのヒット曲を生み出したほか、ホームドラマ『寺内貫太郎一家』への出演や映画『愛と誠』で初主演を演じるなど、俳優としても活躍を見せた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に『ありのままに 「三度目の人生」を生きる/廣済堂出版』『バリスタイルの家 西城秀樹の快適アジアン生活のすすめ/イースト・プレス』『あきらめない 脳梗塞からの挑戦/リベロ』『熱き想いいつまでも/日本文芸社』『いま、光の中で/集英社』などがある。

西城秀樹の名言集

欲張りすぎないことも
大事ですね。

あれもこれもすべてやろう
と思ってもできない。

考えただけで頭が
いっぱいになってしまって、
結局、何もしていない
ということになりかねないから。

それよりも、
一つでも二つでも、
できることを着実に行う。
その方がずっといい。

僕のモットーは
「今を大切に、
今を楽しく生きる」。

先のことより、
将来のことより、
とにかく「今」を大事にしたい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る