アヴェスターの名言

アヴェスターとは

アヴェスター
書籍一覧

アヴェスター(Avesta)は、古代バルフ(アフガニスタン北部)で生まれたゾロアスター教の経典。口承伝持で長らく伝えられた後、アヴェスター語という言語で記された書物であり、イスラム教の迫害などを受けて散逸したため、現存するテキストは当時の1/4に過ぎないとされる。構成は大きく分けると、ヤスナ(Yasna/全72章からなる祭儀書)、ウィスプ・ラト(Visp-rat/ヤスナに対しての補遺的小祭儀書)、ウィーデーウ・ダート (Videv-dat/清めの儀式次第などを説いた除魔書)、ヤシュト(Yast/神々に捧げられた頌神書)、ホゥワルタク・アパスターク (Xvartak Apastak/日常的に使用する比較的短い祈祷文を集めたもの)の5部で構成されている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

アヴェスターの名言集

我、よいこと思う。
ゆえによい我あり。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る