篠原鋭一の名言

篠原鋭一のプロフィール

篠原鋭一
著書一覧

篠原鋭一(しのはら えいいち/1944年-/男性)は、兵庫県豊岡市出身の僧侶。「自殺志願者の駆け込み寺」としても知られる長寿院(千葉県成田市)の住職を務める人物。曹洞宗東南アジア難民救済会議の結成や、カンボジアの難民キャンプで教育活動、中国少数民族の教育活動などにも携わった。1994年にカンボジア国王より「国家建設功労賞」が授与。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書に『どんなときでも、出口はあるよ/WAVE出版』『もしもし、生きてていいですか?/ワニブックス』『この国で自死と向き合う/ヒトリシャ』『みんなに読んでほしい本当の話 – おしょうさんも泣いた25の生き方/興山舎』『新仏教布教感動法話素材365日大事典 – 実践・例話編 – 現代人におくる泣き笑い法話/四季社』などがある。

篠原鋭一の名言集

決められた運命なんてない。
自分で運命を
作り育てていくんだよ。

誰もが自分の人生に、
様々な幸福が実るための
種をまき、育て、収穫する。
それが運命だ。

もう一度言うよ。
運命は決まってない。

運命なんてどうにでも
変えることができるのさ!

君の人生を代わりに
生きてくれる人は、
誰もいない。

だから、自分がどう
生きるべきか決めるのは
自分しかいないんだ。

人生の主人公は、
自分なんだよ。

過去はもう終わったことだ。
未来はいまだ来ていない。

大切なのは、
過去でも未来でもない。

“現在”こそが
実体であり真実なのだ。

今は過去を積み上げて
やって来た。

そして今を積み上げて
いくと未来になる。

今日はまっさらな今日で、
今日が本番、今が本番、
この一瞬こそが本番なんだよ。

現在、今を真剣に生きる!
それが未来を作るんだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る