ジェローム・K・ジェロームの名言

ジェローム・K・ジェロームのプロフィール

ジェローム・K・ジェローム
著書一覧

ジェローム・K・ジェローム(Jerome Klapka Jerome/1859年5月2日-1927年6月14日/男性)は、ユーモア旅行小説『ボートの三人男(Three Men in a Boat/1889年)』の著者として知られるイギリスの作家。テムズ川のボートの旅(キングストン・アポン・テムズからオックスフォードまで)を描いた同書は、全世界累計で百万部以上のベストセラーとなり、映画やテレビ、ラジオ、舞台劇、ミュージカルなどの題材に取り上げられ、現在にいたるまで刊行され続けている。また、『ボートの三人男』の大ヒットによってテムズ川のボート数(登録数)が50%増加し、テムズ川への観光客の誘致にも大きな貢献を残した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に『Idle Thoughts of an Idle Fellow(1886年)』『Three Men in a Boat (ボートの三人男)(1889年)』『Diary of a Pilgrimage(1891年)』『Novel Notes(1893年)』『Second Thoughts of an Idle Fellow(1898年)』『Three Men on the Bummel(1900年)』『Paul Kelver, a novel(1902年)』『Tommy and Co(1904年)』『They and I(1909年)』『All Roads Lead to Calvary(1919年)』『Anthony John(1923年)』『The Love of Ulrich Nebendahl(1909年)』『The Philosopher’s Joke(1909年)』などがある。

ジェローム・K・ジェロームの名言集

多くの仕事を
持っている者だけが、

徹底して怠惰を
楽しむことができる。

嘘つきの達人でないなら、
真実を語るのが、
もっとも賢い選択だ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る