古謝美佐子の名言

古謝美佐子のプロフィール

古謝美佐子
作品一覧

古謝美佐子(こじゃ みさこ/1954年5月11日-/女性)は、沖縄県中頭郡出身の歌手音楽家。沖縄音楽を代表する女性歌手の一人として知られる人物であり、吉田康子、宮里奈美子、比屋根幸乃とネーネーズを結成し、1991年にメジャーデビュー。親しみやすい沖縄民謡グループとして知名度を獲得し、1995年にネーネーズを脱退してからはソロ活動を開始。NHKドラマ『ちゅらさん』(2001年)の挿入歌として起用された「童神」は彼女の代表曲として知られ、夏川りみ、加藤登紀子、山本潤子、花*花など多くのアーティストにカバーされている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

作品

主な発表アルバムに『島美らさ/1992年』『天架ける橋/2001年』『廻る命/2008年』などがある。

古謝美佐子の名言集

結局、
うまくいかなかったことが
今の私を作ってくれた。

黄金で心を捨てないで、
黄金の花はいつか散る。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る