ヘンリー・ルイス・メンケンの名言

ヘンリー・ルイス・メンケンのプロフィール

ヘンリー・ルイス・メンケン
書籍一覧

ヘンリー・ルイス・メンケン(Henry Louis “H. L.” Mencken/1880年9月12日-1956年1月29日/男性)は、アメリカ・メリーランド州ボルチモア出身のジャーナリストエッセイスト、雑誌編集者評論家。「Sage of Baltimore(ボルチモアの賢者)」と称される人物であり、20世紀前半のアメリカにおいて大きな影響力を持っていた作家の一人。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に『George Bernard Shaw: His Plays(1905年)』『The Philosophy of Friedrich Nietzsche(1907年)』『The Gist of Nietzsche(1910年)』『A Book of Prefaces(1917年)』『In Defense of Women(1918年)』『Damn! A Book of Calumny(1918年)』『The American Language(1919年)』『Prejudicesシリーズ(1919-27年)』『Menckeneana: A Schimpflexikon(1928年)』『Treatise on the Gods(1930年)』『Happy Days, 1880-1892(1940年)』『Christmas Story(1944年)』『A Mencken Chrestomathy(1949年)』などがある。

ヘンリー・ルイス・メンケンの名言集

恋愛は、
戦争のようなものだ。

始めるのは簡単だが、
やめるのは
非常に困難である。

年を重ねていけば、
「年をとれば知恵がつく」
という原理が嘘だとわかる。

複雑な問題というのは、
単純にわかりやすく
解答が間違っているものだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る