赤池学の名言

赤池学のプロフィール

赤池学
著書一覧

赤池学(あかいけ まなぶ/1958年-/男性)は、東京都出身の科学技術ジャーナリスト著述家。ユニバーサルデザイン総合研究所の所長を務める人物であり、再生可能な生物資源を活用した「千年持続学」の提唱者。科学技術分野を中心に執筆・評論活動を行うほか、商品・施設・地域開発、循環型社会構築のための活動などを展開している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(共著含む)に『生物に学ぶイノベーション 進化38億年の超技術』『CSV経営 社会的課題の解決と事業を両立する』『ロ-テクの最先端は実はハイテクよりずっとスゴイんです。』『カタツムリが、おしえてくれる! 自然のすごさに学ぶ、究極のモノづくり』『昆虫力』『世界でいちばん住みたい家』『新・製造業サバイバル論』『日本のモノづくりはいつの時代も世界のお手本なんです。』『匠のたくらみが町工場も日本もアジアも救うんです。』『ものづくりの方舟』『心に火をつける人、消す人』『「温もり」の選択 このエネルギー革命が地球を救う』『自然に学ぶものづくり 生物を観る、知る、創る未来に向けて』『ほんとうのたべものを求めて』『代官山再開発物語 まちづくりの技と心』『サナギの時代 「時を経た知恵」を求めて』『”正しい”エネルギー』『昆虫がヒトを救う』などがある。

赤池学の名言集

世の中は、
話し合いによって、
いい関係になるより

いい関係だから、
話し合いがうまくいく
ことの方が多い。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る