アーネスト・ヘミングウェイの名言

アーネスト・ヘミングウェイのプロフィール

アーネスト・ヘミングウェイ
著書一覧

アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway/1899年7月21日-1961年7月2日/男性)は、アメリカ・イリノイ州出身の小説家詩人。レイモンド・チャンドラーやダシール・ハメットらと並ぶ「ハードボイルド文学の原点」と称される人物であり、反道徳的な内容でも批判を加えずに、客観的にシンプルに描く作風で知られる。彼の冒険的な生活イメージも相まって、20世紀の文学界と人々のライフスタイルに大きな影響を与えた。作品の多くは、1920年代中期から1950年代中期にかけて制作され、1954年に『老人と海』でノーベル文学賞を受賞した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品(長編)に『春の奔流(The Torrents of Spring/1926年)』『日はまた昇る(The Sun Also Rises/1926年)』『武器よさらば(A Farewell to Arms/1929年)』『持つと持たぬと(To Have and Have Not/1937年)』『誰がために鐘は鳴る(“For Whom the Bell Tolls/1940年)』『河を渡って木立の中へ(Across the River and into the Trees/1950年)』『老人と海(The Old Man and the Sea/1952年)』『海流のなかの島々(Islands in the Stream/1970年/生前未発表)』『エデンの園(The Garden of Eden/1986年/生前未発表)』『ケニア(True at First Light/1999年/生前未発表)』などがある。

アーネスト・ヘミングウェイの名言集

今は「ないもの」について
考えるときではない。

「今あるもの」で
何ができるかを
考えるときである。

誰かを信頼できるか
を試すのに、
一番良い方法は、

彼らを信頼してみる
ことである。

勇気とは、
窮地に陥ったときにみせる
気品のことである。

「これをやりに
おれは生まれてきた。」

と思えることだけを
考えていればよい。

釣れないときは、
魚が考える時間を
与えてくれたと思えばいい。

人間の価値は、
絶望的な敗北に直面して、

いかにふるまうか
にかかっている。

この世は素晴らしい。
戦う価値がある。

ただ動いているだけでは、
行動とは言えない。

とにかく、
新しい毎日なんだ。

いかに必要で
あったとしても、

いかに正当な理由が
あったとしても、

戦争が犯罪だということを
忘れてはいけない。

愛していない人間と
旅に出てはいけない。

心の底からやりたい
と思わないのなら
やらない方がいい。

人々が自殺しない
本当の理由。

それはこの地獄さえ切り抜ければ、
人生はいかに
素晴らしいものであるか

というのを
本当は知っているからである。

わが人生は、
ほんの一行で要約できるだろう。

そう、私は生きることを
十分に楽しんだと。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る