ロバート・シュラーの名言

ロバート・シュラーのプロフィール

ロバート・シュラー
書籍一覧

ロバート・シュラー(Robert H. Schuller/1926年9月16日-/男性)は、アメリカ・アイオワ州出身の牧師、モチベーションスピーカー自己啓発作家。クリスタル大聖堂聖職者会議の創設者。テレビ宣教師として親しまれた人物であり、信念の力によって人生の成功を手に入れる思考法「ニューソート」の第一人者。モチベーションコーチとして、講演や著述活動を精力的に行った。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(邦訳書)に『いかにして自分の夢を実現するか』『可能思考―ビジネスに実りを与える成功哲学』『積極的な考え方で成功する―シュラーの成功法則』『世界で一番簡単な運命を変える本』『シュラー博士の願いをかなえる一番いい方法』『あなたは思いどおりの人になれる』『願望は必ず達成できる』などがある。

ロバート・シュラーの名言集

世界を変革するには、
まず自分自身を変えることから、
始めなければならない。

立派なことを成し遂げよう
と決意を固めた以上、
もう完敗はあり得ない。

少なくとも、
すでに臆病な心に
打ち勝ったのだから。

人は、自分が助けを
必要としていることを
認めたときから、

成功への道を
歩み始めるのです。

成功するために
自分の自尊心を
裏切るようなことは、
決して行ってはならない。

そんなことをすれば、
どんな物を得ることが
出来たとしても、
人格を失ってしまうだろう。

失敗というのは、
あなたが失敗者である
ということを
意味しているのではない。

失敗とは、
あなたがまだ成功していない
ということを
意味しているのに過ぎない。

行為という種をまけ、
そうすれば「習慣」を
刈りとることができる。

習慣という種をまけ、
そうすれば「人格」を
刈りとることができる。

人格という種をまけ、
そうすれば「運命」を
刈りとることができる。

失敗しない人は、
目標を低くしているだけである。

挑戦しないと、
失敗すらできない。

何事も「自分にはできる」
と考えている人にとっては、

問題などあればあるだけ、
燃える要素に過ぎない。

私の出会った
成功者たちはみな、

「自分を信じるようになったときに
人生が好転し始めた」と言っている。

目標を設定するポイントは、
自分が植えられているところで、
花を咲かせるということだ。

ロバート・シュラーの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る