魯仲連の名言

魯仲連のプロフィール

魯仲連
書籍一覧

魯仲連(ろちゅうれん/紀元前305年頃-紀元前245年頃※推定)は、中国・戦国時代の斉の雄弁家。高節を守って誰にも仕官しようとせず、諸国を遊歴したと伝えられている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+Yahoo!辞書)

魯仲連の名言集

猿が木を離れて
水中に入れば、

魚やスッポンのように
敏捷ではありえない。

壁をくぐり抜け建物を
飛び移ることにおいて、
虎は狐に及ばない。

剣客から宝剣を取り上げて
鍬(すき)を持たせても、
農民に勝てるはずはない。

このように、
人が長所を捨てて
短所を取るなら、

聖人であっても、
何も成し遂げることは出来ない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る