後漢書の名言

後漢書とは

後漢書
書籍一覧

後漢書(ごかんじょ)は、中国の王朝「後漢」(25年-220年)について書かれた歴史書。二十四史(中国王朝の正史24書)の一つとして知られる書物であり、本紀10巻・列伝80巻・志30巻の計120巻の紀伝体で構成される。編者は中国魏晋南北朝時代の南朝宋の政治家・歴史家「范曄」(はんよう/398年-445年)。ちなみに、「後漢」は五代十国時代の後漢と紛らわしいため、中国では「東漢」と呼ばれている(この場合は前漢を西漢と呼ぶ)。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

後漢書の名言集

志ある者は、
いつかその目標を
やり遂げるものだ。

(原文:志ある者は、
事ついに成る。)

危険をおかさなければ、
大きな成功は得られない。

(原文:虎穴に入らずんば、
虎児を得ず。)

物事には、
適切な対応というものがある。

(原文:玉を攻むるには
石を以てし、
金を洗うに塩を以てす。)

賢者は流れを
見極めてから動く。

しかし愚者は往々にして
流れに逆行してしまう。

(原文:知者は時に順ひて謀り、
愚者は理に逆ひて動く。)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る