晏子春秋(晏嬰)の名言

晏子春秋とは

晏子春秋
書籍一覧

晏子春秋(あんししゅんじゅう)は、中国春秋時代の斉の宰相政治家「晏嬰(あんえい)」の言行録をまとめた書(中国古典)。内篇6巻・外篇2巻の計8巻・全215章で構成されている。晏嬰は庶民の立場で君主を諌め、霊公・荘公・景公の3代に渡り仕え宰相となった名宰として知られ、司馬遷(史記の著者)が「彼が生きていれば、その御者になって仕えたいほど慕わしい」とまで称讃したとされています。尊称は「晏平仲」「晏子」など。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

晏子春秋の名言集

大きな山は、
ひとつの石で
出来ているわけではない。

取るに足らないような
小さな石が
幾重にも積み重なって、

あのような偉大な山を
形成しているのだ。

(原文:太山の高きは一石に非ず
卑きを累ねて然る後に高し)

自分の行いを
反省するものは、

二度と同じ
過ちを犯さない。

(原文…行を省みる者は
其の過ちを引かず)

住む場所は、
家のりっぱさなどではなく、
近隣の環境で選びなさい。

(原文…非宅是卜、
唯隣是卜。)

計画を実際に
実行できる者だけが、
物事を常に成し遂げる。

(原文…為す者は常に成り、
行う者は常に至る。)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る