林逋の名言

林逋のプロフィール

林逋(りんぽ/967年-1028年/男性)は、中国・宋代の詩人。杭州銭塘(こうしゅうせんとう/後の浙江省)出身。長年に渡り西湖の孤山で日々を過ごした人物であり、詩を最も得意とするが、巧みな行書や画も書いた。また「疎影横斜水清浅」「暗香浮動月黄昏」の二句が梅を詠んだ名吟として知られているものの、林逋は詩を作るたびに棄ててしまっていたので、残存する持が非常に少ない。作品は文献通考では、詩集3巻と西湖紀逸1巻となっているが、沈履徳の編『宋林和靖先生詩集』では4巻・附1巻・拾遺1巻、『和靖詩集』(通行本)では1巻・附1巻、『省心録』1巻となっている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

林逋の名言集

志しのある人は、
決断することを
何よりも大切にしなさい。

(原文:大丈夫は断を以て 失と為す)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る