テリー伊藤の名言

テリー伊藤のプロフィール

テリー伊藤
著書一覧

テリー伊藤(-いとう/1949年12月27日-/男性)は、東京都出身の演出家テレビプロデューサータレント評論家著述家。テレビ番組制作プロダクション「株式会社ロコモーション」の代表取締役社長。本名は「伊藤 輝夫」(いとう てるお)。奇抜なアイディアや企画で高い人気を誇っているテレビプロデューサーであり、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)の総合演出を手掛けた際には、その過激な企画・ロケで大きな話題となった。また北朝鮮を訪問した際の体験談などを元に著した『お笑い北朝鮮』(1993年)でも注目を集め、それ以降は自身もコメンテーターやタレントとしてメディアに多数出演している。2007年にはラジオで共演した落語家「林家たい平」の独演会にゲスト出演し、落語家もデビュー果たしている(高座名:林家テリ平)。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(共著含む)に『テリ-伊藤のお笑い天才日記』『テリー伊藤のテレビ馬鹿一代』『お笑い銀行さいごの日』『歌謡Gメンあのヒット曲の舞台はここだ!』『王さんに抱かれたい』『オバサンとサムライ』『世間にマジギレ!! どうなってるんだ日本の若者!』『ちょいエコで、ちょいモテ』『お笑い外務省機密情報』『バカの正体』『私はオバサンになりたい!』『ペットスナイパー二階堂達也』『怖いもの見たさ探検隊 』『テリー伊藤の天才ノート』『テリー伊藤の遊びベタのための成功法則』『テリ-伊藤のニッポン裏稼業』『永田町無頼伝 超難解政治小説』『給与明細 一枚の紙に刻まれた、人生のドラマ』『テリ-伊藤の花嫁国家試験』『俺の巨匠』『「人をつくる」という仕事』などがある。

テリー伊藤の名言集

欠けているモノよりも、
自分の中の良さを
探していくべきなんです。

俺なんか完全に
そういう考え方。

基本的に、自分の中の
いいところしか見ないんです。

両手にモノを持っていたら、
新しいモノを持てる?

俺は自分が撮った作品も
別に見やしないし、
取っておきもしない。

捨て去るべきモノは
全部捨てていいんです。

そうしないと、年を取る。
精神的にね。

仕事はナメてかかって、
真面目にやれ。

常識に感謝した上で、
常識の裏を読む力を
持たなくちゃいけないと思う。

「俺にできないわけねぇや
たいしたことねぇや」と思った上で、
一生懸命やる。

無理に好かれようとすると、
今度は万人に
嫌われるんじゃないのかな。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る