ソクラテスの名言

ソクラテスのプロフィール

ソクラテス
書籍一覧

ソクラテス(Socrates/紀元前469年頃-紀元前399年4月27日/男性)は、古代ギリシアを代表する哲学者思想家の一人。その弟子にはプラトンやクセノポン、アリストテレス(正確にはプラトンの弟子)などが名を連ねている。ソクラテス自身の著述は残されていないものの、弟子のプラトンなどの著作に師として多数登場しているため、ソクラテスの思想をうかがい知ることができる。ただし、弟子たちによって伝え語られた言葉であるため、誇張・装飾・創作の言葉も多いと考えられ、特にソクラテスを中心的な登場人物として描いた作品を数多く残したプラトンの作品は「ソクラテス問題」(どこがプラトンの創作部分がわからない)として取り上げられることも多い。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

弟子

主な弟子として「プラトン(Plato)」「クセノポン(Xenophon)」「アリスティッポス(Aristippus)」「エリスのパイドン(Phaidon)」「アルキビアデス(Alcibiades)」「アンティステネス(Antisthenes)」「メガラのエウクレイデス(Euclid of Megara)」「アンブラキアのクレオンブロトス(Cleombrotos)」「クリティアス(Critias)」らが特に知られれている。

ソクラテスの名言集

できれば、
人より賢くなりなさい。

でも、それを
人に知らせてはいけません。

書物を読むということは、
他人が辛苦して
なしとげたことを、

容易に自分に取り入れて
自己改善する最良の方法である。

行動し経験しなさい。
人間の美徳はその行いによって
おのずと増えていきます。

それぞれが抱える不幸を
持ち寄って皆で平等に分けたら、
どうなると思いますか?

ほぼまちがいなく全員が
最初に持ってきた
不幸の方がいいと言って、
帰っていくことでしょう。

深く考えない人生は、
生きるに値しない。

自身が無知であることに
気づいた人間は、

自身が無知であることに
気づかない人間よりも
はるかに賢いのである。

心の底からの悪人など、
この世に存在しません。

生きるために
食べなさい。

食べるために
生きるようになっては
いけません。

良き友よりにまさる
財産などありはしない。

富を持っているだけでは
称賛には値しない。

その富をどう使うかが
一番大事なのだ。

世界を動かしたい
と願うなら、

まずは
自分自身が動きなさい。

自分を売って、
正義を買う者。

それが、
指導者というものだ。

幼にしては、
謙遜でありなさい。

弱にしては、
温和でありなさい。

壮にしては、
公正でありなさい。

老いては、
慎重でありなさい。

あなたに対して
褒め言葉しか言わない人間は
信頼するに値しない。

間違いを指摘してくれる人こそ
信頼に値する人物である。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る