アルフレッド・アドラーの名言

アルフレッド・アドラーのプロフィール

アルフレッド・アドラー

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler/1870年2月7日-1937年5月28日/男性)は、オーストリア・ルドルフスハイム出身の精神科医心理学者社会理論家フロイトユングと並び、現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人として知られる人物であり、「アドラー心理学(Adlerian Psychology)」と呼ばれる「個人心理学(Individual Psychology)」の創始者。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(邦訳書)に『現代人の心理構造』『問題児の心理』『子どものおいたちと心のなりたち』『子どもの劣等感 問題児の分析と教育』『人間知の心理学』『器官劣等性の研究』『アドラーのケース・セミナー ライフ・パターンの心理学』『人生の意味の心理学』『子どもの教育』『生きる意味を求めて』『人はなぜ神経症になるのか』『個人心理学講義 生きることの科学』『性格の心理学』『教育困難な子どもたち』『子どものライフスタイル』『勇気はいかに回復されるのか』『性格はいかに選択されるのか』『個人心理学の技術』などがある。

アルフレッド・アドラーの名言集

他人のことに
関心を持たない人間は
苦難の道を歩まねばならず

他人に対しても
大きな迷惑を
かけることになる。

人間のあらゆる失敗は
そういう人たちの間から
生まれるのです。

どうしたらみんなを
喜ばすことが出来るかを
毎日考えるようにしなさい。

そうすれば憂鬱な気持など
吹き飛んでしまいます。

反対に自分のこと
ばかり考えていたら、

どんどん不幸に
なってしまいますよ。

扱いにくい相手と
うまく付き合うには

相手が何とか自分を
優秀に見せようとして

躍起になっていることを
念頭に置くこと。

その観点から
相手と付き合ってみなさい。

幸せの三要素は
自分自身が好きかどうか。

よい人間関係を
持っているかどうか。

そして、人や社会に
貢献しているかどうか。

どんな能力をもって
生まれたかは
たいした問題ではない。

重要なのは
与えられた能力を
どう使うかである。

未熟な自分を責めてる限り
幸せにはなれない。

未熟な自分を認めること。
それができる者だけが
強い人間になれる。

他人からの賞賛や
感謝など求める必要はない。

自分は世の中に貢献している
という自己満足で十分である。

問題の原因など
どうでもいい。

大切なのは解決策と
これからどうしたいかだ。

過去を後悔しなくていい。
未来に怯えなくていい。

そんなところを見るのではなく
いまこの時に集中しなさい。

子供にとっては
家族が世界のすべてなのだ。

親に愛されなければ
死ぬしかない。

だから子供たちは
全力で親に愛されようとする。

そのときとった命がけの戦略が
そのまま性格形成に
つながっていく。

行動するたびに
叱られ、褒められて
育った人間は

叱られるか
褒められるかしないと
行動しなくなる。

「よくできたね」
と褒める必要はない。

ただ「ありがとう」と
感謝を伝えるだけでいい。

感謝される喜びを知れば
自ら進んで周囲に
貢献しようとする人間になる。

判断に迷ったら
より多くの人間に
貢献できる方を選べばいい。

自分よりも仲間たち
仲間たちよりも社会全体。

この判断基準で
大きく間違うことは
まずないだろう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る